sababa 日記



the madonna

a0001840_1295444.jpg
最近古本屋で見つけた”マドンナの真実”という本を読んだ。この本はマドンナの全盛期、1990年代前半に出されたもの。 書かれている内容は、マドンナがどうやって誕生し今の地位を得たのかということをドキュメンタリー風に書かれているもの。

本を読む前から予想はついていたけれども、彼女の遠慮ない野心、自分は特別だと思い込み本当に特別にしてしまう強い意志。強いだけじゃ表現しきれないかも。
この本は、ちょうどマドンナが自分のドキュメンタリー映画”in bed with madonnna”を出した時期。本の内容もだいぶそれとかぶっている。 私はたぶん中学生の頃、マドンナの東京ドームで行われたコンサートの中継をテレビでみて、あまりのかっこよさにものすごく興奮したのを覚えている。 本を読み終えたら、なんだかとてもこの映画がもう一度みたくなってしまって、借りてみた。 私はいつも本を読み終えたとき、読みながら自分の中でつくりあげたイマジネーションの世界から、現物のその人をもっとしりたくなってその映画とか、インターネットで顔写真を探したりしてやっと満足したりする。そんなことないすっかね?

この本の作者は、あまり遊びを知らない堅物の人物がマドンナ本人を知ろうともしないで、
なんだか表面だけをかいたんだなーっとこのドキュメンタリーを見てそう思った。
どちらかというと本に書かれてることは否定的な側からかかれている様なきがした。(誤字もおおかったしー、訳もよみにくいしいー ぶつぶつ) でも私がみたマドンナは確かに"Bitch"だけれども、頭がよく、さびしがり屋でチャーミングな女性にしか見えなかった。 彼女の私生活、ツアーの裏側はすべて白黒でとられていて、コンサートの場面はカラーでとられている。 この頃のマドンナはきっと、30、31歳の頃なんだけどもその美しいこと。そのコンサートも本当によくできていてめちゃくちゃかっこいい。ただの歌手のコンサートではなく、本当にアートとしてなりたっていて、もう15年も前だというのにその完成度には頭があがらない!なんだか女性として、勇気がでるというか改めて刺激をうけた一本!

かっこいーぞ マドンナ!
[PR]
by yofiyofi | 2005-02-13 00:24 | 映画
<< miwa san part Ⅱ the word of thi... >>


いい感じ!!
カテゴリ
全体
イスラエル
映画
自分の事
田舎っ子3人娘
もしもシリーズ
kamakura
atom
うれしい事
ainori
私と彼
クロシェ
toa
Noi
Japan
my boys
toanoi
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
other blogs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧