sababa 日記



<   2004年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


映画

先日、映画を見た。 映画のタイトルは「mysthic river」。 以前に本で読んだことがあるのと、アカデミー賞で助演男優・女優をとった映画でもあることからかなり楽しみにしていた映画だ。 結果は期待どうり素晴らしかった。なんといっても、ショーンペンの色気のある演技、ティム・ロビンスの変態はまり役がばっちgood-。これといって、盛り上がりもなく、淡々と話が進んでいくstoryなのだが、そこがまた 今はやりのひねくれまくった映画と違い、安心して観れる映画。こういう映画こそごまかしが効かない分、演技や演出の是非が浮き彫りになっておもしろいんだろうなーと思う。 監督で、俳優でもあるクリントン・イーストウッドも以前インタビューで、”この映画は、普通のどこにでも起こりうる話を映画にしただけで、CGも大きなエンディングもない。だけど、これが映画だ!という大人が楽しめる普通の映画を今のハリウッドに見せつけたかった”ともいっていた。

私の好きな映画に「アイアム サム」がある。 こちらも、ショーン・ペンが主人公で、ここで彼は頭に障害を持って生まれた男を演じている。 というか、本当に演じてるのか!!???っていうほどの、リアリティー迫る演技。その彼がミスティック・リバーでは、体全体から”悪”の匂いがする、男くさーい役を演じていて、んーーーーーーー さすがはハリウッド・・・・ とうならされる。 やっぱ、日本の役者とはちがうよなー。 同人物とは思えない、役を演じきれる役者って日本にいるのかなー・・・?

ですがですが!! 「ラストサムライ」!
この映画での、渡辺謙、真田弘之の存在感はすごかった!!天下のトム・クルーズを横に1ミリも負けてないオーラを放つこの二人の演技には感動!!そして、日本人の俳優がトップクラスのハリウッド映画にでてるよおおおおーーーーー!!!っていうので更に感動!! 謙さん、アカデミー賞は取れなかったけど、オスカーでは取れるといいなあー。やっぱり世界舞台で活躍する日本人には心から頑張って欲しいと思う。

この「ラストサムライ」は、いろんなところで語られている様に、ハリウッドが作り出した日本にしては とてもよく出来ている。細かく背景をとらえているし、日本人の”武士道”⇒”義理・人情”の様な、言葉でもなかなか伝えるのが難しい感情をすごくよく描いてあるのには驚いた。でもそれよりも強く、敗北感というか、こんなにも美しい日本の文化をアメリカ・ハリウッドに思い出させてもらわないといけない日本人は、なんて情けないんだろう・・・と正直情けない思いの方が強く、見終わった後はかなり複雑な気持ちだった。

映画を観終わって外に出て、今の日本を見渡したとき、通りで人に思い切りぶつかっておいて何も言わずに通り過ぎるおじさんを見たとき、何故かくやしくて悲しくなった。
元はといえば、アメリカがこのサムライスピリットをめちゃくちゃにしたくせに、彼らに自分達のルーツを教えられるなんて・・・・。

日本は、本当に美しい国だと思う。しかし東京は、もはや日本ではなくなっている様な気がする。確かに東京を少し離れれば、人や景色、日本の風情を感じれる美しい場所がたくさんあると思う。でも今の東京はどうだろう?日本の代表都市であるにもかかわらず、人も文化も日本を誇れるものは、たくさんの情報と、テクノロジー以外何もなくなってしまった様な気がする。

んー、悲しいなー。 義理と人情というような人との関わり、つながりだけでも残せるように身近なところから努力していきたいと思う、今日今頃であります。
[PR]
by yofiyofi | 2004-02-16 18:51

ボーリング・フォー・コロンバイン

本で読んだお話。

ある西洋人が南の島に旅行に出かけました。
そこで寝てばっかり、のんびりしすぎの現地の人たちをみて彼は
言いました。

”そんなに寝てばっかりいないで 少しは働いたらどうだい?”
現地人は聞きました。”そんなに働いてどうなる?”
西洋人は言いました。”働いたらお金がいっぱいたまるよ。”
現地人は聞きました。”お金をいっぱい貯めてどうする?”
西洋人は言いました。”いっぱいお金がたまったら、南の島に
家でも買うよ。”
現地人は聞きました。”南の島に家を買ったら、どうする?”
西洋人は言いました。”家の庭のやし木の下で昼寝でもするよ。”
現地人はいいました。”僕はもうすでにそうしているよ・・・”
ちゃんちゃん。

この本には、”今のアメリカ人全員に言えることではないでしょうか?”と書かれていたのだけど、日本人にもいえますよね。

仕事をもつ、責任をもってそれを継続するという事はすごい事だとおもう。
だけれども、その為に体を壊したり、失業したとたんに立ち上がれなくなる。こういう人も事実多いとおもう。 それは、お金を稼がなきゃいけない、皆とおなじ社会人としての地位をもたなければいけない、という社会ルールの枠にとらわれ過ぎて、本来の自分を見失ってる人が多いからだと思うのです。

お金は生きていく上で必要なのは、周知の事実。けれども、「お金を得て何を得たいのか?」という基本的なことを忘れている人が多いとは思いませんか?仕事の為に家族の絆や自分自身を犠牲にするほど得たいものがこの世には本当にあるのだろうか? 

先日、2003年にオスカーをとったマイケルムーア監督のボーリング・フォー・コロンバインを見ました。今私達が生活してる世界というものについて、非常に考えさせられる感慨深い映画。そこで、俳優でもあり全米ライフル協会会長の話が出てくる。彼は、コロンバイン高校で起きた銃乱射事件(同じ高校に通う二人の生徒の銃乱射により、多くの犠牲者が出た)や、幼い子どもが起こした銃発事件の事件直後に、その土地に行って盛大なイベントを開く。”銃を持つのは自由だ!銃が人を殺すのではなく、人が人を殺すのだ”と。被害者の家族が大勢いる場所で、夜通し泣きくれている場所で。

彼がこのイベントをする事で、全米ライフル協会会長という地位を持つ事で彼にとって何の利益をもたらすのかは知らない。でも彼は、地位も名誉もお金もある。 すべてを持った上に、人の心をわざわざ荒らすような、非道的な行為をどうどうとする。 ここまでくると、本当に何がしたいのかわからない。人間ここまでくるとモラルも人間へのrespectもなくなってしまうのだろうか?

話がずれたようでずれてないようで・・・とにかく必要以上に得るものがあると、人はそれ以上の欲をだし、本来の目的を見失ってしまうのだろう。

同じ人間として悲しい話。すべては愛ですよ。この世のすべての小さな物事に目を向けてもすべては愛から生まれるものだと思うのです。もっともっと基本的なことを思い出そう、世界の皆様。 

all you need is love ~ tu tu lu lu lu~
[PR]
by yofiyofi | 2004-02-09 15:00

イスラエル人

早速ですが、今話題の中近東問題。思うところはたくさんありますが、まずは私の身近なところで感じた事から。
私にはなぜか中近東(イスラエル)の友人・仲間が非常に多い。 (ある有名な占い師によると、私の前世は”ギリシャ人のゲイのダンサー”だったらしい・・・そういえば、ギリシャも中東!!??)NYで生活していた時に知り合った友人達なのだが、私自身彼らの存在、どんな人種で、どんな国で、どんな宗教でかさえも以前はまったく知らなかった。漠然とわかっていたのは、中近東近辺=危ない地域、ということだけだ。 イラク、イランなどのアラブ諸国と一緒くたに思っていたのも今考えれば恥ずかしい話。

イスラエルといえば ユダヤ教。ユダヤ教、ユダヤ人といえば黒い帽子をかぶり、黒い衣服をみにつけ、電話コードのようなくるくるとカーブをさせたもみ上げを思い浮かべ、かなり宗教色の強い国だということは皆さんの思うところだと思う。 しかししかししかし!! ユダヤ人といっても一言では語れないほど色々な人種がおり、そのほとんどのイスラエル人は日本の若者と同じお洒落好きで、好きな音楽をきき、陽気に笑う人たちである。知れば知るほど不思議で、魅力的な人たちというのが私の描くイメージであります。

私が彼らに教わった事、それは人間として生きていく上で一番大事なものとは何かということ、そして、日本ではなかなか経験する事のできない様な人との深いつながり、大きな愛。

日本にいる私達が彼らを知る唯一の情報源は、TVから流れる戦争・テロ関連のニュースくらいだと思う。そして、アメリカはイスラエルより、日本はパレスチナよりなど国の情勢によって、プロパガンダされた報道がされるのも事実だと思う。

私は、どちらよりの味方をしているつもりではないし、ましてやパレスチナやイスラエルに実際に行ったり、住んだ事のない私達がTVの報道を鵜呑みにし、批判をするような立場ではないとも思う。そんな事言い合ったって、なんの解決にもならない。私達は、私達の立場からできる前向きな行動を考えるべきだと思うし、それは私のイスラエルの仲間達も同じだ。

だれも戦争など望んでいないし、相手国を憎みながら生きている人もいない、ただ友達や家族がテロなどの犠牲にならないよう、国の平和を願っているのが本音だと思う。それは、パレスチナの一般市民の人もみな同じ思いだと思う。

そして今、”アメリカ=ブッシュ大国”によって多くの国々がこの争いごとに巻き込まれている。10年くらい前の日本にあった平和な空気もどんよりしたものに変り、皆が皆漠然とした不安・恐怖に包まれて暮しているような気がするのは私だけ・・・?  

もっともっと、すべての人々が人間として生まれた理由。人間にもたらされた”愛”という素晴らしい感情にもっともっと耳を澄まして、暮せたらいいのになー。皆が皆、愛を素直に感じ、与える事のできる人間になれればいいのになー。とジョン・レノンではないけれどそう思う。

堅苦しい事、最初ッから書く気はまったくなかったのにたらたらと書いてしまった・・・。 これからもお付き合いの程、宜しくお願いいたします。はい。

映画「プロミス」 website>>
[PR]
by yofiyofi | 2004-02-05 14:51 | イスラエル

第1章

初めてのブログ。
日頃から文章を書くのが嫌いでない私。
ここでは私が日頃感じていること、思ったこと、世界観などを書いていこうと思っております。ではでは
[PR]
by yofiyofi | 2004-02-05 12:25

自己紹介

私の好きなもの

goa trance
アート
インド・タイ・NY

今年の目標 
バーニングマン!!
[PR]
by yofiyofi | 2004-02-04 11:49


いい感じ!!
カテゴリ
全体
イスラエル
映画
自分の事
田舎っ子3人娘
もしもシリーズ
kamakura
atom
うれしい事
ainori
私と彼
クロシェ
toa
Noi
Japan
my boys
toanoi
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
other blogs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧