sababa 日記



<   2004年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


田舎っ子 3人娘 

先週の週末に、父方の従姉妹2人とその友達が東京へ遊びに来た。 そう、東京が台風に見舞われたあの日。 宮城から朝早く彼女たちはやってきた。
せっかく・・・ということで次の日。
私と彼、私の弟が案内役をかってでた。
目指すは、お決まりの原宿&渋谷!!

まず、家から駅までバスに乗る。
そこで、なんとバスを乗るのが初めてだというではないか!!

にんっ!!

”じゃ、バス着たらちゃんとくつ脱ぐんだよ”と私。
”最初に整理券とるとこあるから、それ下駄箱の番号だからね。なくさないように”と弟。
私の彼をみる半信半疑な彼女たち。
”ホント、ホント”とうなづく彼。

しばらくすると反対方向からバスが・・・。
”あれ、みんな脱いでんの?” ”スリッパでもはいてんのかや”(東北弁で)
とひそひそ話しながら、そのバスをすごい勢いで観察している・・・。

a0001840_19132293.jpg

もうね、もう、超かわいいんです。
19と20なんですけど、こんなにピュアでいいんでしょうか?
彼女たちのあまりにも純粋で穢れのない言動に、あらためて心が洗われたようでした。

そして気づいたのは、田舎の人たちってイスラエルの仲間と共通する部分がすごいあるなーってこと。 それは、彼女らの自分を偽らない素朴さ、友達同士の付き合い方、飾らないライフスタイル・・・。 なんだ、こんな近くにあったんじゃん。 目からうろこって感じ。

そんなこんなで行った日曜日の原宿、渋谷。
どこもかしこもすごい人!!
彼女達はただただ人に酔ってしまい、つかれきって一日を終了。 

ちょっと、いきなり上級コースいっちゃったね・・・。
また、遊びにおいでね。だいじょうぶ。渋谷はもう連れてかないから・・・ (笑)
[PR]
by yofiyofi | 2004-10-17 19:13

よく喋るよね、ほんと・・・・

イスラエル人はほんっとよく喋る。
どこいっても、だれとでも。
それが彼らのコミュニケーションツールなんでしょう、きっと。

私の彼は普段から良く喋る。よく喋るったら良く喋る。
普通よく聞くのは、女の人は一日あったことを”待ってました!”とばかりに男の人に話したがって、男の人は”うるさいなー”とばかりに余計な事は喋らない・・・って図。
家ではありえない話です。 案外その逆かも!?みたいな・・・。(小声)

今回イスラエルへ行って思ったことは、そんな彼も”かなり我慢してたのねえ”ってくらいありとあらゆる人に話し掛けていた。
本当に、デリのおじさん、カフェの坊や、パーキング係りのおっちゃん、タクシーの運転手、警備員、お店の定員、ウェイトレス・・・・ びっくりするのは、話し出してまだ2分くらいしかたってないのに、気が付いたらめちゃくちゃ深い話をしてる。
人生における仕事の意味とか、お金の意味とか・・・
何がどうなったらそうなるの!?って不思議でしょうがない。

一回私と彼でタクシーに乗ったときのこと。
タクシーの運ちゃんは、助手席に座っている彼と乗ってから降りるまでずーーーーーっと自分の人生を語っていた。自分の生い立ち、今置かれた状況、文句、彼女のことまで・・・絶対に知り合いだとしか思えない態度で身を乗り出して喋ってたぞ。
私も乗ってるんですけどおぉォ・・・・・(ボソッ)。みたいな。

ま、運ちゃんの話は大げさですけど、コミュニケーションが上手なんでしょうね。 彼を見ていても、こんなにも自然に他人とコミュニケーションとれるっていうのは、ある意味才能ですな・・・。と妙に感心してしまうほど。逆にうらやましい。それは彼が特別というのではなくて、イスラエル全体にいえること。だから誰もそれを不自然に思わないし、あたりまえに言葉のキャッチボールをする。 

これって今の日本にない事だと思いません?皆が皆話し掛けるのを、そして話し掛けられるのを恐れているような雰囲気がここ東京には感じられる気がします。昔はそんなんじゃなかったよね?人情に厚い日本人。人と人とのつながりがあたりまえのように毎日の生活に合ったような気がします。私が育った環境も、お隣さんとかいろんな知り合いがたくさんいて、毎日のようにお互いの家をいったりきたりしていた環境だったもんなー。

もっともっと人と交わる事になれたほうがいい。
そういう環境をまず日本は意識してつくっていかなくちゃ、せっかくのいいところが
みえなくなっちゃうよーーーだ。
[PR]
by yofiyofi | 2004-10-07 15:25 | イスラエル

mother and son

彼は、男3人兄弟の末っ子。
一番上のお兄ちゃんは、のんびりマイペース。せっかく何年も勉強して経理士の資格をとったのにもかかわらず、会社よりも興味のあるのはサッカー。サッカー命!
真中のお兄ちゃんは、宗教とは関係のない家庭環境にありながら、オーソドックスといわれるユダヤ教の世界にはいってしまった。
そして末っ子の彼は、イスラエルを離れて4年。 私と日本にいる。

末っ子というのも手伝って、ママの彼に対する愛情はすごい!家にいる間、3分おきには必ずといって彼の名前を呼んでいる。 ”マミちゃーン マミちゃーン”。笑えたのは、やっとこさ二人の時間を見つけて外出し、家に帰ってきた時。彼が ”いい?見ててみ、ドア開けて10秒数える間にぜったい呼ばれるから・・・”。
そしてドアを開けて数える。
”1、2、3・・・”
”マミちゃーン!”
大爆笑。
a0001840_1930926.jpg

でもママからしたら、たまにしか顔をみれないかわいい息子。一緒にいたくていたくてたまらないんだろうなー。 えらいのは、彼も一生懸命それに答えようとしているところ。そんな姿をみて、とても彼を愛しくかんじてしまった。自分を大切に思って欲しいのはもちろんの事。でもそれ以上に親を、とくに母親に対しての態度をみてとても嬉しく思った。

でもさ、日本だったらこれをマザコンとよぶのだろうか・・・。
でも私が知っているイスラエル人の男の友達と母親の関係はどこもこんな感じ。
親も子離れをしてないように一見みえますが、そうじゃないんだよなー。
なんかとてもバランスの良い関係、ベストな関係に私には見える。

かわいい息子達は18になったら3年間兵役につかなければならない。
その間の彼女達の心情は大変なものだと思う。
そして、やっと兵役が終わったとたん,彼らの多くは縛られつづけた3年間を取り戻すように
世界へ飛び出す。1年で帰ってくるものもいれば、2年3年とその土地で仕事をみつけ、パートナーを見つけ、自分の元から離れていってしまうものも多々いる。

そんな文化背景も手伝ってか、彼女達はとっくの前から彼らの自由を尊重し、彼らの意思を信じ、リスペクトしている。だけど、一緒にいるときは5歳の子どものようにかわいがる。そして、一緒にいる私にも母親の嫉妬とかそういうものはまったくなく、息子と同じようにリスペクトしてくれるところはすごいと思う。なんというか、境界線がはっきりとしているんだね。

私達の滞在中は、新しい家への引越しもあってママはちょっとパニック状態だった。何も手伝わないお兄ちゃんを”もう家にいれないからーーーー!!”とものすごい勢いで怒っていたのに、次の日には二人の息子に囲まれて、ちょっとふくれっつらながらも笑顔を隠し切れない様子。 いくら怒っててもこんな素敵な笑顔の息子達に、ほっぺに ”ちゅっ”ってされながら抱きしめられた日にゃーたまんないだろーなー。 

いいかもなー息子ってもんは・・・。  なんて思ってしまう日々でした。
[PR]
by yofiyofi | 2004-10-05 17:16

Party--------------------------!!!

ユダヤ教の新年を迎えた最初の土曜日。
イスラエル北へ2時間ほどいったところ。
ものすごい山道を走る事1時間。
こーんなパーティがありましたーーーー。
a0001840_20321131.jpg

こんな感じこんな感じ。
a0001840_20322042.jpg

そうそう、顔をくっしゃくしゃにして、
a0001840_2032283.jpg

素敵な笑顔で踊る感じ! エネルギーが輪になる感じ!!
[PR]
by yofiyofi | 2004-10-03 20:31 | イスラエル

3rd day

今日は、マミチャンの頭痛もちを検査しにママと病院へ。
ママはこの病院に勤めて27年。一日がかりで検査が終了した後、私達を引き連れてママの仕事場へ。”ウチノムスコ ト カノジョナノー ニホンカラキタアルノヨー”と100人くらいに言ってまわる・・・。 彼も小さい頃はよくここで過ごしたらしく”私は、この子を生まれる前からしってるのよー”なんて人も結構いたりして。

夜、NYにいたときからの私のgood friendにテレアビブで合おう。
彼に会うのは、日本に遊びに来たとき以来だから約2年ぶり。

相変わらずのやさしい笑顔は変わってないね。

テレアビブのビーチ沿いのレストランへ入る。
エントランスには、どこも銃をもった警備員がいたりしてちょっとびびる。
お会計にも”ガード代 1人1シェケル”だって。

そのあとは、裏道をはいったパブへ。
ビールを飲んでかえる。
なんだかほんとにNYにいるみたい・・・・。

a0001840_20215351.jpg
[PR]
by yofiyofi | 2004-10-01 15:39


いい感じ!!
カテゴリ
全体
イスラエル
映画
自分の事
田舎っ子3人娘
もしもシリーズ
kamakura
atom
うれしい事
ainori
私と彼
クロシェ
toa
Noi
Japan
my boys
toanoi
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
other blogs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧