sababa 日記



<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


マナリ

ということで、ダラムサラに一人で約2週間をすごし、今マナリにいる。彼もイスラエルから帰ってきた。 私が一人で旅をしたことは、私にとっても二人にとっても意味があり、全てが良い方向に向かった気がする。 ダラムサラでは、チベット人のギャング達に本当によくしてもらった。
一人では決して行かないような場所や、イベントや、また違ったインドを体験できた気がする。
そして、チベットの文化、また様々な現状や問題などたくさんの事を教わった。
彼らと出会えたこと、きづいた友情は私にまたひとつ大切な財産を増やしてくれた。ダラムサラは私のインド旅行の中で、特別な思い出の場所になった。 
そして、またここマナリも私と彼にとって特別な場所になった。一生の思い出の場所。

今は、マナリ地方のバシッシというところにいる。ここは、インド北部で温泉がたくさんある。
今私たちがいる場所は、その村の上のほうにぽつんとあるゲストハウス。ゲストハウスといってもオーナーもだれもいなく、来たときは部屋も全てロックされ廃墟寸前・・・。
そこを今、私たち、そして友達のカップルなど6人で素敵なゲストハウスに改造してしまった。
シャワーもガスもないようなただの山小屋だけれども、部屋の中にはタンドリがあって、毎晩火をおこしながら料理をしたり、山の景色と自然を満喫した日々をおくっている。本当の意味での山暮らし。そして、下にちょこっとおりれば温泉がある。 ベッドの窓から見える景色は最高で、朝起きたとき、自分のいる場所にびっくりする。夜は夜で、窓から北斗七星がちょうどフレームにかざったように見える。

新しい旅がまたここから始まった様な気がする。 インドの旅も私の人生の旅も。
[PR]
by yofiyofi | 2006-05-29 21:34

インド一人旅

インド旅行も3ヶ月を過ぎ、だんだんエネルギーも増幅している気がする。うん、ちょうどいい感じの時だ。だけれども、カップルでいる3ヶ月はきっと一人で旅行しているよりもエネルギーの増幅加減が半分な様な気がする。ということで、実際にはまだその半分の1ヶ月半くらいってとこだろうか。 別にカップルで行動いることが悪いというわけではなくて、一人でインドを旅行するほうが一番手っ取り早く”インドを感じる”方法じゃないかと思う。 人との出会いも増えるし、自分の真髄と向き合えるし、何より頼れないので自分で何でもやるしかない。 で、自分で行動することによってエネルギーが捻出されてくる。 そんな時、彼のお兄さんの結婚式がきまり、イスラエルに帰らなくてはならなくなった。ユダヤ教に生きる道を選んだお兄さんだ。なので結婚も当然宗教上のお見合いをして、宗教的な結婚式となる。 私も一緒に行くか行かないか話し合った結果、たったの1.2週間の為に一緒に帰るよりは、私一人でインドでいたほうが私にとって、これからの二人にとってすごい良い結果になるよということで現在インド一人旅行を満喫中です。 私も一緒にきっと帰ってくると信じていた彼のママは、玄関のドアを開けて彼一人だと知って泣き出してしまったそう・・・。ごめんなさい。でも今回は事情が複雑で、宗教的な結婚式ということもあったりということでこうなった。昨日電話で、明日結婚するおにいちゃんと話した。その興奮と幸せな気持ちが電話を通して伝わった。なんだかこっちまで興奮してしまい、涙がでそうになってしまった。そして、その雰囲気が彼の家族全体を包んでいるよう。

というとで、今ダラムサラというところに来た。やはり、突然一人になるというのは不安なもので、
ワクワク反面どきどきだった。でも飛び込んでしまえばこっちのものだ。
ここ、ダラムサラはあのダライラマのお寺があり、チベットからの移民が非常に多い町。
山に囲まれ、とっても静かで素敵な場所だ。 そして、ひょんなところからチベット人の
ギャング(なんかファッションも感覚も渋谷にいそうな感じ)と仲良くなり、フルムーンパーティにいくことになった。 あまり詳しいことを知らぬまま結局は、25kmあまりも山の中をトレッキングした。フルムーンパーティは山の頂上で、大きなキャンプファイヤーを囲みいろんな人が
ギターを弾き、ドラムをたたき、ディジを吹いていた。 そこからみる満月は、手の届きそうな距離にあって、虹のようなオーラが輝いている。 帰りのトレッキングも今まで見たことないような
幻想的な景色を通って山をくだる。 なんだかロード オブ ザ リングの1シーンをみている様な気分になる。 チベット人の友達は始めてだけれども、なんとやさしい人たちだろう。
格好からなにから、クレイジーなところもあれば、情や思いやりといった優しさや、日本人に通じるところが多々あるきがする。 なんだかNYでイスラエル人の仲間とであったの経験とだぶってしまった。 という感じで、なかなか一人の時間を満喫してますです。 
[PR]
by yofiyofi | 2006-05-15 22:12

リシケシュにて

なんだかやっとインドの旅が始まった気がする。もうすぐ3ヶ月がたってしまうし、結構いろんな場所へ移動したけれど、内面的にはやっとスタート地点にたった感じ。

今は、リシケシュにいて今日の夜に、パルバティvallyに移動する。 ここ、リシケシュはとてもhollyでshantyな場所。ガンジス川から漂うエネルギーがここを特別な場所にしているのかもしれない。 そして、たくさんのババがいる。 自己修行のために何年も左手を上にあげたまま過ごすババ、ビジネスマンから突然ババになった人や、西洋人でババになった人達などなど。。。  夕方になると、たくさんの人がガンガに祈りをささげに来る。とても静かで美しい場所。

でも、今は暑い・・・・。暑すぎる。。。 

バイクでの旅は今回は断念したけれども、ところどころでバイクを借り、インドを走る。昨日は、バイク6台でリシケシュの田舎を滑走した。気持ちいいーぞー。  皆に毎日何やってるのー?とよく聞かれるけれども、本当に毎日時間がない・・・。 特に何をやってるわけでもないし、やってるといえばたくさんの出来事が毎日あるような気がする。だけど、本当にあっという間に毎日が過ぎてしまう。。。おそろしやインディア タイム。 インドには毎日たくさんの映画があって、
それをずべて見るだけで一日なんてあっという間に過ぎてしまう。 朝日のmovie, 夕日のmovie, 夜は星のmovieがあって、ビーチでは毎日イルカのショーがある。 

そして誰も、曜日も日にちも時間も知らない、そんなところに居ます。
[PR]
by yofiyofi | 2006-05-01 14:08


いい感じ!!
カテゴリ
全体
イスラエル
映画
自分の事
田舎っ子3人娘
もしもシリーズ
kamakura
atom
うれしい事
ainori
私と彼
クロシェ
toa
Noi
Japan
my boys
toanoi
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
other blogs
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧